SINCE 2006

All Round Fishing Club  In Thailand
タイの環境・タイ人のお口にも!凄く適用したようで、タイの川・湖・池などに必ずと言っていいぐらい繁殖・増殖してますし、タイ人自体もテラピアを養殖しております。
そのお陰で、おそらくタイ国内で、テラピアが1番出回っている魚ではないでしょうか?
市場やスーパーマーケットでも、テラピア1kgあたり約40Bぐらいで購入できまし、釣堀でも多くの釣り人がテラピア狙いで釣りをしております。
バラマンディを釣ってる際にも、1kg未満のテラピアがスレで、掛かる事もしばしば有りますが、1kg以上のテラピアなら小型ミノーでも釣れます。
(一番上の写真は、テラピアはストーム使用で、スレです。)
主に、テラピアをメインで釣る時の餌ですが、米ぬかが餌としてよく使われておりますが、テラピアは雑食性です、おそらくアジの切り身でも釣れると思いますが、一番食いがいいのはシラサエビらしいです。
タイ人と会話をしながらプラーニンにはエビが一番良いと教えてくれながら・・・そのシラサエビを自分で摘まんで食べてましたけどね。(タイ人にも食いの良いシラサエビ?)

CoCoコメント

 大きくなれば、体長60cm・5kgぐらいまで大きくらると言われてる、プラーニン(テラピア)!
今やタイ全土に繁殖していますが、タイではその歴史はまだ浅く1965年に、当時日本の皇太子(今の明仁天皇)から、タイのプミポン国王に50匹のテラピアを贈られ、タイ国王はその魚の名前を明仁の名前から仁を取りプラーニンと名前をつけたのが、始まりです。
雑食性で植物性・動物性何でも食べますが、主に食べてるのが、植物プランクトンなど、また、雄が子育てを口の中で行うのも特徴です。

学識名・・・・ Oreochromis niloticus 

魚分類・・・・ 
スズキ目 シクリッド科 オレオクロミス属

英名・・・・・・ 
ナイル テラピア (Nile tilapia)

タイ名・・・・・ 
プラー ニン (Pla nin)

日本名・・・・ 
チカダイ・イズミダイ

棲息エリア・・
元来イスラエル沿岸の川やナイル川などの淡水域,
       汽水域ですが、現在は、食用に世界各国に移植
       されています。

ナイル テラピア
CoCo Club Home

07年1